進化しているマタニティウェア

先日、従兄弟が結婚・出産いたしました。
彼女とは姉妹同然の付き合いをしていたので、妊娠期間から出産まで何度も会ったり、また出産後も手伝いをしたりと交流があります。その妊娠期間中、とても驚いたのがマタニティファッションについてです。

妊婦さんの着る服と言えばワンピースのイメージでした。しかも見たらすぐに分かるような、無地で面白みのないデザインのイメージです。ところが彼女はとても可愛い服を着ていたのです。

マタニティのイメージ

最初はごく普通のファッションブランドの大きめのサイズのものを着ているのだと思いました。あるとき服について聞いてみると「これも妊婦さん用の服なんだよ」と教えられ非常に驚きました。
なんというか、本当に普通のワンピースに見えるのです。またお腹の張りもあまり目立たず、伸縮性もあってとても着心地がいいそうです。

こうやっておしゃれをすることでストレスを軽減できている妊婦さんもいるだろうととても感動しました。さらに驚いたのは産後用のマタニティウェアもあるのだそうです。

産後の服の機能として何が必要かというと、授乳用の穴でした。服の構造を見せてもらうと脇のところに穴が開いていて、これによって授乳が楽になるのだそうです。
つまり授乳の度に服を脱ぐ必要が無くなり、手間が省けると言っていました。こんなにも進化した服があるとは思わず、私は感心しきりでした。
このように服だけではなく、世の中ももっと妊婦さんや母親に優しくなってくれればいいなと思います。
そもそも授乳服って必要でしょうか?という方はこちらもご参照ください!

産前産後着られるウエアがおススメ!

マタニティウェアといえば、着る期間は短いとはいえ妊婦さんには絶対必要な洋服です。「どうせすぐ着なくなるし」とふつうの洋服が窮屈になるまで腹帯以外購入しなかったのですが、カラダを締め付けることなくリラックスできるので最低限のボトムスとトップス数枚と下着は購入しました。

中でも、おすすめできるのはマタニティレギンスとワンピースの組み合わせです。

マタニティのイメージ2

どうしてレギンスとワンピースかというと出産後も着用できるからです。夏場ならTシャツタイプ、冬場ならスウェットやシャツタイプに重ね着、厚手のタイツで乗り切れます。

結局、マタニティ用ボトムは一本も買いませんでした。手持ちのボトムをチャックを全開にしてゴムで加工してずり落ちないように工夫し、ワンピースを着ればウエスト部分は隠れるので問題ありません。

またゴムを利用しなくても手持ちのボトムスをマタニティ用にできる専用のアジャスターも発売されているようなので、それを知っていれば購入したかったです。
最近よく見る授乳服はここ

下着は授乳中も使えるようなものを購入しました。思った以上にカップのサイズアップがあり、ワイヤーの入っているようなブラは痛くて使えなくなりました。産後は買い物に出るのも大変なので、使用しないと思っても用意しておくことをおすすめします。ナイトウエアも産前産後を通して着ることができる、授乳口つきのものを購入しました。ウエストがゴムとボタンで調整できるものなら長期間着用できるので、とても便利です。